年鑑日本の空間デザイン2021




『年鑑日本の空間デザイン』は、過去1年間の優れた空間デザインを総覧できる書籍として1973年に創刊され、本書で48冊目となります。昨年からDSA(日本空間デザイン協会)とJCD(日本商環境デザイン協会)のアワードが一つになって新しく創設された「日本空間デザイン賞」と、SDA (日本サインデザイン協会)による「日本サインデザイン賞」の2つの賞で構成されています。
各コンペティションで厳正に選ばれた国内外の作品は、豊富な図版で紹介され、この1年を読み解けるビジュアルな内容になっています。
エキシビション、商業空間、ショーウィンドウ、サインなど、さまざまな分野の空間デザインが一同に収録された、唯一無二の空間デザイン年鑑です。

■掲載作品分野

エキシビション・プロモーション空間、ショーウィンドウ&ビジュアルデザイン空間、エンターテインメント&クリエイティブ・アート空間、
ショップ空間、食空間、大規模商業空間(複合施設空間)、サービス・ホスピタリティー空間、博物館・文化空間、
公共空間・コミュニケーション空間、オフィス空間、住空間、サインデザインなど

序論:福岡伸一(生物学者)「都市空間の生明化を考える」
巻頭メッセージ:
「9人のデザイナーが語る“ウィズコロナの時代の空間デザイン”」
「日本空間デザイン賞三次・最終審査会ドキュメント」
「SDA大賞受賞者インタビュー」など読み物も多数収録。

■お申込

全国の書店でも購入できますが、JCDよりお申し込みいただきますと特別価格24,000円(税送料込み)にて購入可能ですので、添付の申込書よりお申し込みください。

部数が限定されておりますので早めのお申し込みをお願い致します。


 
▲ページの先頭へ