昨年に引き続き2回目のワークショップです。今回も4年生です。図工の時間に紙粘土で菓子やすしなどの商品を 作り、今日を楽しみにしていてくれた子供たちです。担当の笠本先生から今日の流れの説明です。
奥平評議委員はJCDの活動について話をしました。そのあと新藤委員長から担当する班の講師の紹介です。
ワークショップに先立ち、新藤委員長の”デザインで大切な3つの話(寸法・素材・あかり)”、小田切副委員長の ”光源と空間の色による見え方の違い”のレクチャーがありました。ワークショップは、それぞれの教室で行われ班ごとに講師が付き、アドバイスと制作補助を行いました。給食はコミュニケーションタイムです。
 午後は発表です。感情や時間を売る店、夢のカプセルの入ったUFOキャッチャーのあるゲームセンター、店の雰囲気は夜の世界で星やロボット・魔法グッズを売っている店、自動で食べ物が出てくる店、等々今回もユニークな15のお店が完成しました。今回は15店舗のうち2階建てが4店舗、3階建てが1店舗ありました。

<講師陣>

 Soda委員会 奥平与人、星 明臣、 新藤力、小田切純子、木村倫香、雲野一鮮、品川正之、鹿目久美子
芝田良治、菊地一彦、往蔵稲史仁、小野亮二、大滝道晴、石橋美幸、永井資久
 賛助会員   菅井雅美(株式会社サカイ)
 特別参加 板橋智美(株式会社メドロジャパン)、沢瀬 学(KEIKO+MANABU)
 協力頂いた方 杵嶋宏樹(カメラマン)
      敬称略 順不同
 
 

<材料を提供頂いた企業>

株式会社サカイ、 株式会社サンゲツ、 ニッタイ工業株式会社、株式会社ワーロン
株式会社タジマ、立川ブラインド工業株式会社、東リ株式会社、株式会社中川ケミカル
四国化成株式会社、株式会社ベルファニチャー、 名古屋モザイク工業株式会社
  敬称略 順不同  
 
 
 
 
▲ページの先頭へ