開会の挨拶に続き山里委員から講師の紹介、平良支部長からは、「講師の手がけた仕事」の紹介がありました。
ワークショップに先立ち、新藤委員長の”デザインで大切な3つの話(寸法・素材・あかり)”、小田切副委員長の ”光源と空間の色による見え方の違い”のレクチャーがありました。ワークショップでは、それぞれのグループに2名の講師が付き、アドバイスと制作補助を行いました。給食を児童と一緒に頂きコミュニケーションタイムです。
午後は発表と講評、7つの素敵なお店ができました。

<講師陣>

沖縄支部  : 平良玄峰、仲北正明、一之瀬暁洋、新川浩二、徳嶺吉紀、中尾紋子
藤井啓介、山里健市、石垣俊郎、長堂邦彦、仲村渠秀次、照屋兼二
松本司、大湾美佳、玉寄英樹、儀間徹、西村修、宮里武志、下地鉄郎
Soda 本部  : 新藤力、小田切純子、兼城祐作
協力頂いた方 吉見秋乃(LSDdesign株式会社) 敬称略 順不同  

<協賛企業>材料を提供頂きありがとうございました

旭硝子株式会社、 株式会社サカイ、 株式会社サンゲツ、 ニッタイ工業株式会社
株式会社タジマ、 東リ株式会社、 株式会社中川ケミカル、 四国化成株式会社
名古屋モザイク工業株式会社、 株式会社ベルファニチャー   敬称略 順不同

<こんなお店をつくりました>

1G 兼次スポーツ(スポーツ用品)    2G BOON(バイクショップ)
3G スマッシュブラザーズショップ(何でも屋)
4G B・B Shop (文具&本)     5G ペットショップ
6G love sumile(洋服屋)       7G syoyo + abax(カーショップ)
 

<兼次小学校 ワークショップを終えて> 

JCD Soda委員会委員長 新藤 力

前の週に早々と梅雨明けをした沖縄は、すでに気温は30℃近くに達しセミも猛々しく鳴いていた。
今帰仁村立兼次小学校は那覇空港から車で約2時間、世界遺産「今帰仁城趾」の近くにある。沖縄らしい朱色の瓦屋根の校舎には、「でぃー、わー、ちゃー」と大きくスローガンが掲げられている。「でぃー(さあ)交わそう明るいあいさつ、わー楽しい読書、ちゃーんと使おう丁寧なことば」ということらしい。この学校の教育方針の根底にあるのは"子供たちは有能である"という子供観。私たちの活動の基本的立場もここにある。
兼次小学校の元気な6年生26名を対象としたワークショップである。

▲ページの先頭へ