開催日時 : 2011年7月24日(日)  10:30~16:30
開催場所 : 大阪市立住まい情報センター3階ホール
対  象 : ネットや新聞・チラシを見て応募した親子(応募数225名と多数のため抽選で参加者数76名に)
講  師 : JCD関西支部・・末浪伸浩、中尾晋也、山田悦夫、金沢明彦、久保田博文、中村裕輔、藤村正継
       友田みのり、白井 進
       Soda本部 ・・・ 新藤 力、小田切純子
協力頂いた方 : 高岡真依子(株式会社LEM空間工房)
住まい情報センター : 玉井明子
協賛企業 : 株式会社タジマ、株式会社日吉屋、名古屋モザイク工業株式会社、株式会社キヌガワ、
       株式会社CDT、エヌ・エス・ケーニシダ工業株式会社、株式会社オリバー、シンコ株式会社、
       クリヤマ株式会社
                                          敬称略 順不同

大阪天神橋筋商店街にある大阪市立住まい情報センターで、夏休み最初の日曜日に76名の親子が参加してセミナーが開催されました。
住まい情報センターでは"住まい・まちづくりに取組む団体"と協働して企画する「タイアップ事業」を行っています。
JCDは今回初めての開催です。司会進行は中尾氏、末浪支部長の挨拶に続き天神橋筋六丁目商店街理事長の吉村氏の挨拶です。ここは全長約2.6㎞、約800店の店舗がある日本で一番長い商店街だそうです。
Soda本部の新藤委員長の「デザインで大切な3つの話」のレクチャーがあり、完成模型で制作ポイントを解説。
ワークショップの始まりです。親子での話し合いの後、協賛企業から頂いたプロの材料を探しに・・・。
限られた時間の中でで完成するよう、講師もアドバイスと制作補助に当たります。
参加した児童は小学4~6年生を中心に39名、保護者は37名でした。
お店の種類もバラエティにとみ、「たこ焼きや」「壁紙屋」「鉄道模型店」「楽器店」「バスケショップ」 「うどんや」「美容室」 「靴屋」等々 商店街らしい店が揃い、最後に37店舗を並べ、なが~い商店街の完成です。


 
▲ページの先頭へ