Sodaとは

1. JCD Soda委員会 発足まで

社団法人日本商環境設計家協会(現一般社団法人日本商環境デザイン協会)では公益法人としての対外活動の強化が求めれれている中で、2003年から2005年度まで品川小学校での「夏休み体験学習」として、児童・生徒にテーマに沿った建築模型を制作させるという、デザイン指導を実施してまいりました。

・2003年度「京浜急行の高架下に新しい街をつくろう」 ・・・ 22名参加(3年生~6年生)
・2004年度「小学校の校庭に夢の商店街をつくろう」  ・・・ 24名参加(2年生~6年生)
・2005年度「高層ビルの中に未来の都市をつくろう」  ・・・ 26名参加(4年生を除く1年生~6年生)

この3年間の指導を通じて我々は、空間デザインの専門家としての予想・期待をはるかに上回る
”子供達の豊かな感性・デザインセンス”に触れることができました。そこで2006年度から特別プロジェクト チーム「JCD SEED OF DESIGN AWARD 委員会=JCD Soda」を発足させ、さらに対象校を増やしながらデザインの啓蒙に寄与する活動に着手しました。

「JCD SEED OF DESIGN AWARD 委員会=JCD Soda」
”Soda”は SEED OF DESIGN AWARD の略です。「次世代を担う子供達にデザインの意識 を高めてもらうこと」を目的に命名しました。具体的な活動として 私たちJCD会員が学校に伺い”デザインによる教育のお手伝い”をする 出前授業形式 と、関連団体や公共施設と共催して行う タイアップセミナーがあります。いづれも

・子供たちの夢を形にするデザイン
・子供たちの可能性を育むデザイン
・子供たちの想像力を掻き立てるデザイン
・子供たちの力とプロの力を融合させたデザイン
・子供たちが自ら考える空間デザイン

児童・生徒が共通のテーマのもとに自由にデザイン制作に取り組む、そして完成した作品を専門家が 講評・評価し、子供たちに新たな発見や発想の機会を見出させる。
JCDではこうした活動を充実させることで、社会貢献の一助となることをめざしています。


2. 目的と位置づけ 


3. JCD Soda活動の履歴    2003年~2019年まで 






▲ページの先頭へ